ストレスを感じない体調管理~子宮筋腫を予防しよう~

解決の糸口

看護師

今まで不妊の原因は女性にあるといわれていましたが、近年では男性不妊という問題があることがだんだん認知されてきました。この場合、泌尿器科を受診するより婦人科を受診すると、より早い解決が望めるでしょう。

健康な子供を望むのなら

待合室

健康で丈夫な子供を作るために日々努力をしている夫婦は大勢います。しかし生活に気を遣う以外にも、精液検査を行うことで健康状態を確認することが出来るので、一度婦人科を受診してみましょう。

無理のない通院

女性

川崎で産婦人科を受診する理由は人それぞれ違いますが、いずれも不安をかかえていることにはちがいありません。また、受診する産婦人科は長く付き合っていくことになるので、無理なく通えるところを選びましょう。

日常的な健康意識

診察室

子宮筋腫は女性の間で近年増えてきている病気です。三十代後半から四十代にかけて発症率があがり、頻尿や貧血など様々な疾患を併発する可能性があります。二十代の若い世代でもかかることがあり、将来的に妊娠ができなくなったり、流産してしまったりするので、若い内からの予防が必要になります。子宮筋腫ができる原因というのは、医療技術が発達した今でもはっきりわかっていません。しかし、子宮筋腫には、日常生活でのストレスや、身体の冷えなどが関わっている可能性があります。身体には健康を保つための様々な機能が備わっていますが、ストレスを溜めこんでしまうと、それらの機能がうまく働かずに、自律神経が乱れたり、免疫が落ちたりして子宮筋腫などの疾患が現れてしまうのです。子宮筋腫は後天的な理由でなりやすので、日々の生活を改善することで発症のリスクを減らすことができます。まずは身体を冷やさないようにすることや、血流のめぐりを良くするために運動をするなど、自分で意識して体の中を変えるようにしましょう。他にも、漢方の力を借りたり、定期的に産婦人科などで検査をしたり、積極的に医療機関に足を運んでみるのも良いです。また、子宮筋腫が出来てしまった場合でも、もう遅いからとそのまま放置するのではなく、専門の施設で悪化させないように努力することも大切です。女性特有の病気である子宮筋腫は日々の生活態度が大きく影響するので、日頃からストレスを溜めないように、しっかり息抜きをしながら体調を整えていきましょう。